絶対に眠くならない日本史

〜短編諸説〜

伊達正宗が絶対に名付けたかった名前って。

      2016/05/30

さて、難読漢字の勉強です。「心」に「太」と書いてなんと読むでしょう。「心太」ね。パッと見、平成教育委員会に出そうな問題ですがこちらの読み方は「ところてん」なんです。「ところてん」ね。でも、これをキラキラ化した読み方もございます。要は「心太くん」というDQNネームが存在するわけで。それがこちら。「はあふ」。ね。「はあふ」です。こころ(ハート)が太い(ふとい)ってことで「はあふくん」。きっと彼は将来、「ところてん」とイジられる運命をはらんでいるでしょうし、でもそのおかげで彼近辺のコミュニティにいる人達はみな、バリクソ難読漢字「心太」も楽勝になることでしょうね。

出典:http://goo.gl/A2AeEH

そんなわけで、現代を憂いても仕方ありません。歴史上のキラキラネームいってみましょう。今回はこちら。

「五郎八」

こちらの読み方、わかりますか。ごろうはち?ごろうっぱ?いえいえ違います。さてなんでしょうか。ちなみにこの方はね、伊達正宗の娘さんなんですが。さあどうでしょうか。

出典:http://www.irasutoya.com/

「あ、先生待ってください」

「なんでしょう」

「え、、五郎八で…女なんですか??」

「あ、引っかかります?」

「当たり前です。字面からは男性ホルモンしか感じないので」

出典:http://twit-e.com/archives/5222187.html

「うんうん、でも女なの。そしてこちらはこう読むんですね」

「いろは」

「読めません」

「そう言わないで」

「無理です」

「わかるけど」

「正宗はイカれてるんですか?」

「うん、その節はあった人物だけどね。ファッションとかぶっ飛んでたし。でもまあ、頑張れば読めるでしょう。『五』が『い』で『郎』が『ろ』で八が『は』ですよ」

「読ませたところで『五郎八』で『いろは』は気味が悪いです」

「うん、勘弁してくれるかな?そうなんだから。実際、史実の中でも「五郎八姫」って出てくるんだから」

「姫w」

「笑うなよ?」

「姫ついたらいよいよホルモンバランスが」

「諦めてくんない?もうしょうがないんだよ。正宗は待望の赤ちゃんが産まれたとき、男であると決めきっちゃってたんだよ。そして名前も『五郎八でいくんだ!』って意気込んでたわけで。そしたらスポポンと産まれてきたのが女の子だったから、正宗はもう超ビックリよ。でもなんかもう『五郎八は絶対変えんぞ!』みたいな武将スイッチ入っちゃってた正宗は、無理くり考えて『いろは』をぶち込んじゃったわけですよ」

「…」

「納得いかないのも分かるけどね。ちなみにいろはちゃん、超かわいかったみたいです」

「チッ」

「舌打ちすんのやめてもらえるかな?まあそんな姫もいたということで。五郎八で『いろは』あとついでに『心太』で『ところてん』こちらも覚えちゃいましょうね。それではまた次回」

スポンサードリンク

 - 名前の日本史