絶対に眠くならない日本史

〜短編諸説〜

聖徳太子の奥さんは、キラリと光る個性を持っている。

      2016/05/30

宇宙と書いて「あーす」。月と書いて「むーん」。火星と書いて「まあず」などなど。軽くセーラームーン状態入ってる昨今のお名前事情。マタニティブルーならぬマタニティハイに入っちゃって「私たちの赤ちゃん『詩羽楊』と書いて『じばにゃん』なんてどうかしら!?」と、とどまることを知らないキラキラネームブームが続いておりますが、実はこの文化、今に始まったことじゃないんです。ここでは歴史上の変わった名前をご紹介したいと思います。

出典:http://oreore.red/bizarre-baby-name

今回ご紹介するのはこのお方。
「菟道貝蛸皇女」

どうでしょう。読めるでしょうか。この方は聖徳太子のいとこであり、奥さんでもあった人物なんですよ。そしてこちらはこう読みます。

「うじのかいたこのひめみこ」

出典:http://goo.gl/nEfjPG

そうです。「貝(かい)」だの「蛸(たこ)」だの入っております。貝に蛸です。でもってストレートに「かいたこ」です。どれだけ海産物が好きだったのか知りませんが、名前っていうのは貝だの蛸だのを練り込むようなもんじゃありません。海鮮焼きじゃないんだから。海鮮焼きならまだしも、海鮮焼きじゃないんだから。そんな、海産物に気持ちをもってかれがちですが、実はもう一箇所キラっている部分がございます。わかるでしょうか。それは「菟」です。そう、「菟(うさぎ)」です。「う」の部分にはウサちゃんがひっそりと隠れているんですね。当時、動物や植物の名前にちなんだものをつける文化が流行っていたそうで、その流れをふんだんに取り込んだ結果、こういったお妃が誕生したわけです。さすが聖徳太子の奥さんであり、元々血縁関係にあったいとこ。個性のある、一筋縄ではいかない感じが出ております。

「菟道貝蛸皇女」と書いて「うじのかいたこのひめみこ」

是非この機会にお見知り置きを。なお、「そんなこと言ったら『道」と書いて『じ』ってなんだよ」「『うじの』の『の』はどっから来てんだよ」「『皇女』と書いて『ひめみこ』の方がよっぽどキラってじゃねーか」といった疑問は一切受け付けませんのでご了承ください。勇気ある歴史好きなご両親はよかったら「皇女」と書いて「ひめみこ」と名付けてみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 名前の日本史