絶対に眠くならない日本史

〜短編諸説〜

「伊達正宗はダースベイダーなんだぜっ!」

      2016/05/30

「伊達男」・・・いきでいなせな男の子を指すこの言葉。伊達男の由来が彼にあったかどうかは定かではないですが、「伊達正宗」という人物が「ファッショナブル」であったことは紛れもない事実だったようです。最先端のトレンドを作る人間は常人には考えられないものです。レディ・ガガの肉巻きファッションをみた皆さんが、えてして「おいガガ、おまえは何やってんだ?」と思ったのと同様に、当時伊達正宗は「おいおいマジか」というファッションセンスをブチカマしていたのです。

出典:https://goo.gl/rwlGIA

その一つに「金色に輝くとんがり笠」というものがあります。これは、伊達正宗の部下である足軽達が朝鮮ノ役へ出陣する際、伊達の指示を受け着用していたと言われています。

出典:http://goo.gl/4TPphV

もちろん、戦いに行く上で頭に被る笠を金色に染めたところで何の意味もありません。ドラクエで言うところの「おしゃれなバンダナ」とは訳が違うのです。「あら、バンダナをおしゃれにしただけでこんなに守備力上がっちゃうの?」とか言ってる場合じゃないんです。グサっといかれたらそこでお終いですから。でも「感性がほぼレディ・ガガ」な伊達はこれをやってのけました。
金色の笠以外にも、装飾品を煌びやかに着飾っていたという伊達軍。城下町を練り歩くその姿を見た民衆は「おぉマジかマジか」「こちとら米さえろくに食えねーだに、あいつらピカピカでねーか」「あいつら捕まえてササラモサラにしたろうか」と言ったとか言わないとか。

出典:http://www.irasutoya.com/

他にもシンプルに衣が派手であったり、宗教を無視して「かっけーから」という理由一点でキリスト教の宗教道具・ロザリオを身につけていたりと「ガガ全開」だった伊達。これだけ覚えとけばあなたも伊達マニアですよ。「伊達=ガガ」ね。「伊達=ガガ、もしくはぱみゅぱみゅ」ね。明日、友達に言ってみるといいですよ。「伊達ってガガだったんだぜ!」って。そしたらたぶん友達は言いますよ。「急にどうしたの?」って。「何言ってんの?」って。残念でした。雑学を披露するときはTPOをわきまえましょう。あと、ガガもぱみゅぱみゅもこっちでただ決めつけてるだけなんで、せっかくならもっとわかりやすいヤツを披露しましょう。

出典:http://asahi.co.jp/doya/about.html

戦乱の、文字通り「最先端」をひた走っていた伊達に目をつけ、その美しい甲冑姿をモチーフにした世界的人気キャラがいるんです。みんなが知ってる人気キャラ。口を開けば「シュコーシュコー」と言い、剣を振り回せば「ブゥン、ブゥン」と鈍い効果音が入る無口野郎・・・そう、「ダースベイダー」です。あのモデルになっているのは実は伊達正宗なんです。「戦乱のレディ・ガガかきゃりーぱみゅぱみゅと言えばオレっしょ!」こと、伊達さんなんです。ハリウッドの関係者が伊達の漆黒タイプの甲冑を資料として取り寄せ、キャラデザインの参考にしたそうですよ。だから友達にはこう言いましょう。「伊達はダースベイダーなんだぜ!」って。急に言われた友達はこう言うでしょうね。「急にどうしたの?」って。後輩だったらこう言うでしょうね。「え、なんすか?」って。やっぱり雑学を披露するときはTPOをわきまえましょうね。よきタイミングで話せるよう、ストックに入れておきましょう。

出典:http://item.rakuten.co.jp/yoroi/122135/

スポンサードリンク

 - モテる日本史