絶対に眠くならない日本史

〜短編諸説〜

797年 坂上田村麻呂が征夷大将軍になり蝦夷を征服

      2016/05/22

2代目征夷大将軍は黒人のビッグダディ?
-坂上田村麻呂(41)-


出典:http://goo.gl/yKzMK1

征夷大将軍?蝦夷を征服?

征夷大将軍とは蝦夷(えぞ)<アイヌ民族>征討のためにつかわされた軍隊の総大将。また「征夷大将軍」は「征夷」行為に関して現地の軍の最高司令官である。

要は坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)率いる軍隊が、東北地方を制圧したということ。

INTERVIEW


出典:http://www.kiyomizudera.or.jp/about/history.html

―唐突ですが日本人ですか?

坂上田村麻呂(坂上)
「はい。正真正銘の日本人です。いつからか私が黒人だという噂が広まってたみたいですね。恐らく先祖が後漢(中国)だからなのかなって思いますが、黒人は飛躍しすぎですよね(笑)」

―“さかのうえのたむら”がみよじで“まろ”が名前ですか?

坂上
「“さかのうえの”がみよじで“たむらまろ”が名前です。未だに言われるのが『名前の“たむら”ってみよじじゃないですかー』って『ややこしいわ』って言われてもそういう名前ですからね、知らんがなです(笑)」

出典:http://svitoc.ru/blogs/blog/7-japanese-club/

―親族はどういったお名前なんですか?

坂上
「父親は“坂上苅田麻呂(さかのうえのかりたまろ)*”です。九人兄弟なんですが、長男は石津麻呂(いしづまろ)*兄ちゃんです。ただあとは広人とか真弓とかで、麻呂がつく人はいないんですよ」

―文の菅原道真*、武の坂上田村麻呂と多方面から評価されてますね

坂上
「武のシンボル的存在だって言ってもらえるのは嬉しいです。初代征夷大将軍だった大伴弟麻呂(おおとものおとまろ)*兄さんのおかげだと思ってます。いろいろ教えてもらいました。なんせ前回は蝦夷にコテンパンにやられまして・・・そこで本当に学びました」

出典:https://goo.gl/nC9RT0

―今回の戦いでの勝因はなんですか?

坂上
「戦いの準備よりも蝦夷の民衆への配慮に重点を置いたところだと思います。今までの失敗してきたことから考えを変えたんですよ。蝦夷をただただ攻めるのはもうやめようってなったんです」

―なぜですか?

坂上
「むやみやたらに敵視してもこの後何も変わらないなと思ったんです。例えば降伏してくる人達にはちゃんと土地を与えて生活を保証する。また農民との間の交易も認める。もう面倒なものは取っ払って日本のために力を合わせようよということです」

―その考え・行動が実を結んだんですね

坂上
「だと思ってます!蝦夷の人達にも言ってた事はちゃんと誠意を持って実現したいですね。信頼して頂ける事が非常にありがたいですし、やりやすいです。余談ですが40歳で戦場に出るのはきつかったです(笑)」

出典:http://www46.atpages.jp/mzprometheus/free/13504

―蝦夷の族長、阿弖流為(あてるい)*の件はどうお考えですか?

坂上
「阿弖流為が負けを認めて降伏をしたんだからと、朝廷には彼の助命を嘆願しました。しかし京都の貴族の反対にあい処刑されてしまいました・・・。僕が阿弖流為を京都になんか連れていかなければ良かったと、後悔してます」

出典:https://goo.gl/1pKY9b

―京都に清水寺*を建てるきっかけになったんですか?

坂上
「そういうことになりますね。僕が建てたということに関してはあまり知られたくなかったんです。清水の舞台の東側に「阿弖流為之碑」を建てさせてもらいました。敵ながら敬意を表していますが、この件も上から文句言われるんですけど無視です」

―魔除け、悪霊退散のために建てたという声もあります

坂上
「うーん、ないです。鬼がやってくると言われた東北地方を封じこめる意味があるという噂を私も聞いてますが、誰が言いだしたんですかね(笑)」

―奥様とはもう離婚されたんですか?

坂上
「今協議中でしてまだ正式には・・・。原因は『来るな』って言ったのに、妻が京都から私の出張先の嵐山町(埼玉県)まで追っかけてきよって。『来るな来るなってフリじゃないからね』って何度も言ったんです・・・。私が征夷大将軍として派遣されているのにかかわらずですよ。『天皇より大命を受けて出陣しているのに追って来るって何だよ!もう縁切るから。帰って』と言いました」

出典:http://ranzan.blog.jp/archives/cat_0912.html

―そこでの出来事から橋に「縁切り橋*」という名前がつきました

坂上
「マジですか(笑)子供もいるんで離婚はしたくないってのは本音です。大野、広野、浄野、正野、滋野、継野、継雄、広雄、高雄、高岡、高道、春子と12人もいれば親権の問題も大変ですがそこも頑張ります!」



坂上苅田麻呂(さかのうえのかりたまろ)*
奈良時代の公卿・武人。坂上氏は、代々弓馬の道を世職とし馳射(走る馬からの弓を射ること)を得意とする武門の一族として、数朝にわたり宮廷に宿営してこれを守護した。

石津麻呂*
坂上田村麻呂の兄。最近、陸奥守に就任した。

菅原道真*
平安時代を代表する貴族、学者、漢詩人、政治家。学問の神様の呼び声も高い。

大伴弟麻呂(おおとものおとまろ)*
平安時代初期にかけての公卿・武将。初代征夷大将軍。

阿弖流為(あてるい)
蝦夷の軍事指導者。789年に胆沢(岩手県奥州市)に侵攻した朝廷軍を撃退したが、坂上田村麻呂率いる部隊に敗れた。

清水寺*
「清水の舞台」で知られる寺院。

縁切り橋*
埼玉県比企郡にある。婚礼の時この地の人は縁起をかついで、新郎新婦を通さぬことにしている。

スポンサードリンク

 - インタビュー日本史