絶対に眠くならない日本史

〜短編諸説〜

754年 鑑真が来日

      2016/05/22

踏んだり蹴ったりの11年。6度目の正直で日本へ。
-鑑真(75)-


出典:http://www.toshodaiji.jp/about_mieidoh.html

鑑真?

唐の揚州に生まれ14歳で出家した。修行を積んだ後、江南第一の大師と称された。日本への航海は5回失敗。6回目にして遂に日本の地を踏んだ。

INTERVIEW


出典:http://goo.gl/VGpDSE

―日本へ来た目的を教えて下さい

鑑真和上(以下鑑真)
「戒律を日本へ伝えたかったからです。簡潔に申し上げますと戒律というのは、修行者や僧団が守らないといけない約束事です。僧になるための心構えからしっかり叩き直してほしいと日本から唐に渡った僧・栄叡(ようえい)*さんから懇願されたことがきっかけでした」

―危険を冒してまで行くことを決められたんですね

鑑真
「おっしゃる通り危ないことだらけです。国からは海外へ行くことは禁止されていますし、船って遭難するほうが確率高いでしょう。だけどもそこまでお願いされたら、行くしかないでしょうと決めたんですよ」

出典:http://www1.vecceed.ne.jp/~cav/page007.html

―何が一番大変でしたか?

鑑真
「特にありません!と言いたいところですが、もうつらいことだらけでした。私が日本に行こうとしていることを、弟子が役人にチクったんですよ。まさか身内に裏切られるとは思ってないですから、とてもショックでした」

―裏切られたのは一度や二度ではないと伺いました

鑑真
「はい、そうです。『ブルータスお前もか』*だらけです(笑)船酔いもしますし、暴風雨で遭難しますし。5回目に失敗したとき、栄叡さんもお亡くなりになりましたからね。旅って楽しそうですねなんて言ってくるやつはどついてました」

出典:http://ameblo.jp/edicola/entry-12002233075.html

―ご自身も病気になられたんですね

鑑真
「眼病で失明しました。ただ日本に来れたこと、日本でできたことを考えたらなんてことありません」

出典:https://goo.gl/j4GU8l

―そして6回目に日本へ到着されたんですね

鑑真
「やっとです。もう意地なってました。66歳なってまでもういいですって老人扱いしてくる人もいましたから。日本の薩摩へ到着した日のことは今でもよく覚えています。テンションあがりまくりで、みんなで横一列に並んで国歌斉唱しました」

―そこからはスムーズでしたか?

鑑真
「おかげさまで。平城京*に到着するまでもしてからも所々で歓迎ムードでした。朝廷から仏教行政の最高指導者に任命されましたし。こんなにっていうくらいやりやすかったです」

―目的も無事達成されたんですね

鑑真
「はい。仏門に入る者に戒律を授けることもしっかりできました。どれくらいの数?天皇をはじめ440名くらいですかね。やりがいもあって、すごく充実した日々でした」

出典:http://www.i-bunbun.com/special/eyan_kangaroo/

―でした、といいますと?

鑑真
「国の財源増収のため朝廷に利用されたのを知ったんです。朝廷は税金逃れで出家する人を食い止めたいみたいで。いやいやそうじゃないんだと話をしたんですけど、わかってもらえなかったです。最高指導者を解任され、東大寺*から追い出されました。苦労して日本来たのになぁ・・・」

―これからはなにをされるんですか?

鑑真
「飢えた方、身寄りのない老人、孤児。そういった困っている方を助けることをしていきます。唐招提寺*というお寺も建てさせてもらって、周りに感謝することばかりです」

出典:http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/page-16.html

―日本へ来たことを振り返ってみていかがでしょうか?

鑑真
「仏教がわたしを素晴らしい日本という国へ導いてくれました。弟子たちも全国へ布教活動を行ってくれてます。これからもたくさんの出会いがあると思うと楽しみです。余談ですが最近、弟子がわたしの像*をつくり始めてるんです。やり過ぎだと思いますけどね(笑)」



栄叡(ようえい)*
興福寺にて法相教学を学んだ。733年に出家者に正式な戒を授けることができる、伝戒師を招くために唐へ渡った。唐にとどまること10年目にして鑑眞と出会う。

『ブルータスお前もか』*
共和制ローマ末期の政治家であるカエサルが暗殺される際、その場にいた腹心の一人ブルータスに放った言葉。暗殺にブルータスが加担していた事を知ったカエサルが、「お前も私を裏切っていたのか」と非難した。

平城京*
奈良時代の日本の首都。唐の都「長安」や北魏洛陽城などを模倣して建造されたとされ、現在の奈良県奈良市及び大和郡山市近辺に位置していた。

東大寺*
奈良時代に聖武天皇が国力を尽くして建立した寺。1998年に奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。

唐招提寺*
都六宗の一つである律宗の総本山。鑑真が戒律を学ぶ人たちのための修行の道場を開いた。「唐律招提」と名付けられ鑑真和上の私寺として始まった当初は、講堂や新田部親王の旧宅を改造した経蔵、宝蔵などがあるだけであった。金堂は8世紀後半、鑑真の弟子の一人であった如宝の尽力により完成した。

わたしの像*
鑑真の彫像は現代まで唐招提寺に伝わっているが、これが日本最古の肖像彫刻とされている。

スポンサードリンク

 - インタビュー日本史