絶対に眠くならない日本史

〜短編諸説〜

1635年 大名の参勤交代が制度化される

      2016/05/28

超高速!参勤交代は本当にあった?
-徳川家光(31)-


出典:http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/23557

参勤交代?

何百、何千人もの家来を従えた大名行列。幕府が大名統制のために一年おきに江戸と自国の間を往復させ、将軍への忠誠を示させた。さらに妻と子を江戸に人質として住まわせ、幕府の監視下に置いた。

要は、諸大名を定期的に江戸に来させる法令のこと。

INTERVIEW


出典:http://www.kawagoe.com/kitain/history-culturalasset/person/iemitsu.html

―なぜこの制度を定めたんですか?

徳川家光(以下家光)
「諸大名の力を弱めたいというのが一番大きな理由です。 参勤交代にかかる費用と一年間の江戸での滞在費は相当な額になります。 そうやって各藩の財政を圧迫して、私たちに逆らってくるのを抑止できると思うんですよ。 徳川ここにありっていうのを世間に知らしめられますし」

出典:https://goo.gl/UDgVmW

―どれくらいのお金が必要なんでしょうか?

家光
「この前来た鳥取藩池田家*の場合だと、鳥取から江戸までの21泊22日の行程で総額1957両かかった*って聞きました。早く江戸に着かないとお金がかかるから道中、ダッシュすること多いらしいです。全部自腹って大変ですよって泣きつかれましたが、また来年も来てねと言いました(笑)」

―不満の声はあがってこないんですか?

家光
「実際ありますよ。ある大名には俺に逆らうんだったら、嫁と子供を人質にするからなって脅しました。脅しじゃなくて本当にやるようになってから、直接不満は言ってこなくなりました。はじめは言い過ぎたごめんって気持ちでした」

―それで確固たるものにしたんですね

家光
「実は参勤交代があるから街道や宿場町がどんどん整備されてきたんです。大名が毎年使うからちゃっとしないとってなるみたいで。だからすごい経済効果があるんですよ。やっぱ俺のしたことすごくね?って感心しました(笑)」

出典:http://www5.synapse.ne.jp/furusato/sub5sankinkoutai.html

―すごいことです

家光
「大名同士が同じ宿泊場所でトラブルになるのを防ぐために情報収集したり、大名行列を横切ったら処罰されるから庶民も気遣ったり、みんな大変だろうなぁと思います」

―結果としては?

家光
「俺のしたことすごくね?です(笑)あと、一年ごとに地方から大勢の人が来ては帰って行くから、江戸の文化が日本全国に広まっていく効果もあるんですよ。これもあとから気付いたんですが、俺すごい?ってやっぱり自慢してしまいました」

―・・・

家光
「あとみんな勘違いしてることがありまして。江戸に来させるのは、何かあった時に備えて江戸を守ってもらう意味もありますからね。だってただお金使わすだけなら、税金きつくしたらいいだけじゃないですか」

出典:http://harupyland.exblog.jp/20750778/

―構想はずっとあったんですか?

家光
「ありました。正直に言うとぜんぶ、家臣からの提案でした。偉そうなこと言いましたが俺のアイデアではないんです」

―最後に諸大名へ一言いただけますか

家光「藩主が体調悪かったり、領地で飢饉あったりとか。遅刻・欠勤時には気軽に連絡ください。連絡なしだったら藩をつぶすかもしれませんよ(笑)」



徳川家光*
江戸幕府の第3代将軍。眼力が非常に強い。また肌は異常な程に白く奇跡の美白と言われた。子供の頃から病弱であり、しょっちゅう床に伏せった。病気になると布団を5、6枚かぶり厚着をして寝るという養生法を行なっていたが、かえって病気を悪化させていた。

鳥取藩池田家*
鳥取藩(とっとりはん)は、因幡国・伯耆国(現在の鳥取県)の2国を領有した大藩である。石高は32万5千石。池田家が治めている。

総額1957両かかった*
2016年において換算すると総額2億9千万円。

スポンサードリンク

 - インタビュー日本史